施設紹介

東京都初のiPadを使用した教習

当校では、iPadを使用した教習を行っております。
自動車の運転を習得する上で大事な要素の一つとして「車両感覚の習得」というものがあります。
「車両感覚」とは自動車運転者の前後左右の距離感のこと、つまり運転者が運転席から車体全体を感じる能力のことです。
この感覚が身に付かない内は車両通行帯(自動車が本来走るべき位置)からはみ出してしまったり、あるいは縁石などに乗り上げてしまうこともあります。
通常、教習所ではこの感覚をみなさんに身につけて頂くために、ぶつかった所で車を停め外に出て確認してもらったり、あるいはドアを開いて車体の位置を確認してもらっています。

上空から見えるっ!スカイカメラ

西多摩自動車学校では、「S字コース」と「縦列駐車」にスカイカメラを設置し、上空から車両を撮影します。
撮影された映像はリアルタイムでiPadに表示されるので
わざわざ自動車から降りずに運転席で車両の位置を感じる事が出来ます。
つまり、スカイカメラがみなさんの車両感覚の習得をサポートするわけです。
※iPadの使用は車両の停止時のみ行います。

運転教本のデジタル化へ

西多摩自動車学校ではアプリケーションを利用して、運転教本のデジタル化を実施しております。是非、体感されてみては?
※出版元の許可をいただいております。

  • 自動車免許

  • バイク免許

  • その他免許

  • 無料サービス・各種講習

  • お問い合わせ・交通アクセス

  • 会社概要

  • Q&A・リンク集

  • mixiページでラクラク♪最新情報をゲット!
  • facebookでラクラク♪最新情報をゲット!
  • ↑画像をクリック
  • 教習所でIDを貰おう

▲ページの先頭へ戻る
スマートフォン版を表示